第22回うえだ城下町映画祭

上映作品紹介

11月17日(土) 会場:上田文化会館

「サクラとミソラ」

2017年 DJI JAPAN株式会社
出演:中山卓也、橘さおり、山口岳彦、渡樌雄大

四季をテーマに、季節ごとに日本各地の映像を制作、発信しているドローンメーカーのDJI JAPAN。市内で空撮イメージを使った短編映画を撮影しました。タイトルの通り、桜が満開の上田市を舞台に、ドローンで撮影した空からの視点と地上から捉えた映像を組み合わせた素敵な作品となっています。
ロケ地:千曲公園 玄蕃山公園 旧西塩田小 花のマリモ 市内アパート ほか

「エキストランド」

2017年 91分 配給:株式会社コトプロダクション
監督:坂下雄一郎
出演:吉沢悠、戸次重幸、前野朋哉、金田哲(はんにゃ) ほか

過去の⼤失敗から映画を撮れなくなったプロデューサーが、映画で地元を盛り上げたいと思っている市⺠達を騙して、⾃分のためだけに映画を作ろうと画策する。最初は指⽰されるがままだった市⺠達も、その横暴な⽴ち振る舞いに疑問を感じ始める。撮影最終⽇、⾃分たちが利⽤されてるだけだったと気付いた市⺠達は⼀⽮報いようと、ある計画を⽴てる。上田ロケ作品。
ロケ地:エルビノ、中央二丁目交差点周辺、信濃国分寺史跡公園、サントミューゼ、つるや旅館 ほか

「勝手にふるえてろ」

2017年 117分 配給:ファントム・フィルム
監督:大九明子
出演:松岡茉優、渡辺大知、石橋杏、北村匠海 ほか

OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告られた!」とテンションがあがるが、「ニ」との関係にいまいち乗り切れず、中学時代から同級生の「イチ」への思いもいまだに引きずり続けていた。一方的な脳内の片思いとリアルな恋愛の同時進行に、恋愛ド素人のヨシカは「私には彼氏が2人いる」と彼女なりに頭を悩ませていた。

「カメラを止めるな!」

2017年 96分 配給:アスミック・エース=ENBUゼミナール
監督:上田慎一郎
出演:濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ ほか

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。 ”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。

11月18日(日) 会場:上田文化会館

「花筐/HANAGATAMI」

2017年 169分 PG12 配給:新日本映画社
監督:大林宣彦
出演:窪塚俊介、満島真之介、常盤貴子 ほか

1941年、春。佐賀県唐津市の叔母のもとに身を寄せている17歳の俊彦は、アポロ神のような鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇ら個性豊かな学友たちと共に「勇気を試す冒険」に興じる日々を送っていた。肺病を患う従妹・美那に思いを寄せる俊彦だったが、その一方で女友達のあきねや千歳と青春を謳歌している。そんな彼らの日常は、いつしか恐ろしい戦争の渦に飲み込まれていき……。

「シン・ゴジラ」

2016年 119分 配給:東宝
脚本・総監督:庵野秀明
出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ ほか

東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ、崩落する原因不明の事故が発生した。首相官邸では総理大臣以下、閣僚が召集されて緊急会議が開かれ、「原因は地震や海底火山」という意見が大勢を占める中、内閣官房副長官・矢口だけが、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘。周囲は矢口の意見を一笑、しかしその直後、海上に水しぶきとともに長く巨大な尻尾が姿を現す…。

「ビジランテ」

2017年 125分 R15+ 配給:東京テアトル
監督:入江悠
出演:大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太 ほか

幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。再会した3兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「六文戦士ウェイダー」

400年前に封印された妖怪一族ゴッタクが上田の町に復活した!真田氏が作った謎の秘密道具「機動甲冑」を研究する田々石子(ただいしこ)は、幼馴染みの真上武丸(しんじょうたけまる)を連れ出し、甲冑の力を使いゴッタクを退治するヒーローに仕立てようとする。六文戦士ウェイダーと妖怪一族の対決が幕を開ける!今回は、3話までのストーリーを再編集して25分に収めたダイジェスト版を上映する。

上映作品紹介・自主制作映画コンテスト ※決まり次第掲載します

 
 

PAGE TOP